清水の家 株式会社清水建設工業|東京都小平市|多摩地区|注文住宅事業|建築工事業|リフォーム事業|

qrcode.png
http://www.shimizu-kk.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

布団よりベット?

 

布団よりベットがいい?

布団よりベットがいい?
 
=布団よりベッドがいい?足元から来る寒気を防ぐには?=
床下からの冷たさを遮るには、厚い絨毯は有効である。
だけど、床が冷たくなる原因の大部分は、窓ガラスによって、冷やされて下に降りてくる空気である。カーテンを吊っても、裾が短くて、床との間に隙間があっては何の効果もない。
この点では、多くの家庭のカーテンは落第である。
 
ガラスで徹底的に冷やされて重たくなった空気は、カーテンで遮られて行き場を失い、仕方なくまっすぐに窓に沿って床に降りてくる。カーテンは冷たい空気を床に導く道具になってしまっているのである。
裾から下に冷たい空気が流れださないようにカーテンをつければ、窓からの冷気は完全に遮断できる。
ちょっと高級の家庭などだと、カーテンボックスと云うのが付いている。カーテンレール部分がなんとなくみっともないものを見えなくする工夫である。しかし、裾の方に何かの工夫をしたのは見たことがない。
 
とにかく、床面近くの温度を下げないような工夫をしない限り、いくら、暖房を強くしても、天井と床の温度差を大きくする結果にしかならないのである。
 
カーテンなどの対策が不完全でも、何とかなる二つの積極策がある。
 
一つは、室内の空気を徹底的にかき回すことである。天井近くにある30℃近い空気を放っておく手はない。サーキュレーターという、天井の空気を下に吹き下ろすファンを、暖房器具と向き合う側の壁際に取り付けて回せば、かなりの効果が期待できる。
扇風機を代用してもよい。扇風機を高いところに置いて、できるだけ天井部分の空気を広くかき回すように、必要なら首を振らせて使用する。この効果は絶大である。
扇風機はサーキュレーターより風量が多く、自由自在に風を送れる。但し、床の上にゴタゴタと物があったりすると、折角の風は上の方の空間を素通りして、肝心の床面の温度を上げてくれない。
 
お茶の産地などでは、夜になると地面からどんどん熱が奪われていく、放射冷却という現象で霜ができ、新芽が霜でダメになってしまうのを防ぐために、高いところから大きな扇風機で地上に風を送る。地面付近の冷たい空気を飛ばしてしまおうというのである。
 
二つ目は、床を積極的に暖めることである。床暖房と云うのがある。とにかく床下から暖めてしまえば、下が冷たいという事実が根底からなくなるはずである。
この小型版として、ホットカーペットも、一応の効果がある。
一応と書いたのは、壁や窓ガラスで冷やされた空気、カーペットからはみ出した冷たい床、隙間から侵入してくる冷気が意外なほど強力だからである。床を暖めるという積極策は、侵入してくる冷気との戦いに勝てるだけの暖房ができて初めて有効になるのである。
 
ところで、ベッドと云うのは床上数十センチの高さがあるから、辛うじて冷たい部分より上で寝られるが、畳の上に置く布団は、完全に低温層に埋まってしまう。といって、長年の習慣はそう簡単にやめられない。せめてもの対策は、周囲の壁や窓を伝わって、あるいは、ドアなどのわずかの隙間から入ってくる冷気を遮ることである。
冷気がやってくる場所が判ったら、床に高さ数十センチの障壁を築くとよい。
空き箱を置くだけでもいいし、座布団を屏風にしてもよい。やってみたことはないが、布団の周囲をこういう障壁で取り囲んでしまえば、かなりの効果があるだろう。
カーテンの裾が短くて床に達していないときは、裾を押さえるように座布団などを隙間なく立て掛ければ効果絶大である。どうせ寝るときはいらない座布団の有効利用法である。
 
「理科系センス」が自分のものになるより
「清水の家」技術部
会社ロゴ
 株式会社清水建設工業
〒187-0002
東京都小平市花小金井
       七丁目3番24号
TEL.042-342-3745
FAX.042-345-8713
-----------------------------
1.注文住宅事業
2.建築工事業
3.リフォーム事業
----------------------------
190852
<<株式会社清水建設工業>> 〒187-0002 東京都小平市花小金井7-3-24
TEL:042-342-3745 FAX:042-345-8713